2012年9月23日日曜日

なめらかカボチャプリン

ここマサチューセッツ州バークシャー郡では、葉っぱが色づき始め、秋の気配です。食欲の秋。収穫の秋。旬の野菜・果物で何を作ろうかなと思いを巡らせ、ワクワクします。

何はともあれ、とりあえずデザート。まず浮かぶのは、カボチャ。道産子の私にとって大変思い入れが深い野菜です。秋になると北海道に住む祖父母が段ボールひと箱にいっぱい詰まったカボチャを送ってくれたものです。母と一緒にプリン、コロッケ、フライ、蒸し物等々、カボチャ尽くしのメニューでたっぷり堪能。いくら食べても飽きない野菜。

ここアメリカでもカボチャはその自然な甘さから大人気。Kabocha squashまたはHokkaido squash/pumpkinとも呼ばれ、親しまれています。地元で有機のものが手に入るので私もよく使います。北海道のカボチャに比べたらややホコホコ感に欠けますが、甘くて美味しい。

今回はヴィーガンバージョンのカボチャプリンを紹介します。卵も乳製品も白砂糖も使っていませんが、カボチャの味を存分に生かして美味しくできました。


なめらかカボチャプリン
4人分

カボチャ 1/2コ(正味 700グラムくらい)、種を取って一口大に切る
塩 少々

米あめ 80 cc(なければメイプルシロップでも。その場合は少し減らして、豆乳を大めに。)
豆乳 180 cc


寒天フレーク 大さじ1、120ccの水に10分ほど浸しておく
バニラエッセンス 小さじ1
米あめ 大さじ2、水小さじ2で薄める

カシューナッツクリーム(お好みで。レシピはこちら(英語です))


  1. 一口大に切ったカボチャに塩を少し振って蒸し器で柔らかくなるまで10分~15分蒸します。お皿に取り出してひと肌に冷めたら皮を剥きます。皮は飾りに少しとっておきましょう。そのままつまんでも美味しいです。
  2. 浸しておいた寒天フレークを鍋に入れて、火にかけます。沸騰したら火を小さくして15分ほど煮溶かします。
  3. 蒸して皮を剥いたカボチャは米あめとともにフードプロセッサーに入れ、なめらかにします。豆乳を加えてさらに回します。鍋に入れて中火で温めます。
  4. 煮溶かした寒天を加え、よく混ぜます。
  5. ④をこし器に通して、さらになめらかにし、バニラエッセンスを加えます。
  6. ココット型4つに均等に流し入れ、冷まし固めます。水で薄めた米あめのソースを上に注ぎ、お好みでカシューナッツクリームとカボチャの皮で飾ります。

 
右の写真はカボチャプリンの上に、洋ナシのコンポーとカボチャの皮で作った寒天を飾ったものです。炒ったパンプキンシードを飾っても黄色と緑のコントラストがきれいですね。



さて、以前お知らせをしましたが、白砂糖、乳製品、卵を一切使わないヴィーガンスイーツの本を出版しました。身体のバランスを乱しがちなものを排除することで、平穏な気持ちをキープできるようにTHE PEACEFUL DESSERT BOOKと名付けました。こちらで購入できます。日本への発送も行っていますので、ぜひどうぞ☆

カボチャモンブラン(左)のレシピも載ってますよ~。

0 件のコメント:

コメントを投稿